誰でも使えるGaiaデータ
ESA(ヨーロッパ宇宙機関)が打ち上げた位置天文観測機Gaiaの最初の観測データをまとめたカタログであるGaia Data Release 1 (Gaia DR1)が2016年9月14日に公開されました。このカタログには11億個以上の恒星を中心とした天体の観測データが載っており,誰でも使うことができます。(ただし,データを入手して解析するのは自由ですが,研究結果を公開するときにはESAのルールに従がう必要があります。)
ここでは,Gaia DR1からのデータの入手方法と解析方法について簡単に説明します。(文責: 西亮一(新潟大学))

説明ページへ

ESA Gaia Data Release 1へ